赤ら顔をレーザー治療で治した体験談!頬の赤みが治った

子どもの時はちょっと頬っぺたが赤くて可愛い女の子という感じでおさまっていたのですが、中学生位からは他の人よりも異常に赤いと気づきすごく気になるようになりました。

もてないのもそのせいだと思い込んで恋愛にはとても消極的で好きな人が出来てもすぐに諦めてしまっていました。

高校に入ってからはメイクをして学校に行くようになり、姉に教えてもらってコンシーラーでほっぺたの赤い部分に塗り込みファンデーションを塗るという方法で何とか隠すことに成功して彼氏もできました。

でも、冬になると赤身はメイクで隠しきれなくなるので困りました。後から知りましたが、寒暖差が大きいと赤みが出やすいのが原因だったようです。

確かに登校してきて教室に入るとたちまち顔が赤くなるという状態でした。
本当に真っ赤で女子から「大丈夫?」と言われてしまうほどでした。

男性の赤ら顔を治す方法|この方法で赤ら顔が治った!

トイレに駆け込んで見るとちょっと腫れあがっているようにさえ見えてショックでした。

メイクでもやっぱり隠しきれないんだと絶望的な気持ちになりました。
その頃から本気で上から塗って隠すのではなく内側から改善しなきゃいけないと思い始めました。これが高校一年生の時でした。

まずは、自分お赤ら顔の原因って何なんだろうと考えました。
それまでは生まれつきとか遺伝とか、そういうどうにもならない言葉で片づけていましたが何か解決に繋がる原因があるんじゃないかと調べました。

まず、自分は色が白い方だということに改めて気が付きました。
母も白いし姉も白いです。
姉は赤ら顔じゃないのですごく肌がキレイで皆にそう言われています。

お母さんも年齢の割には肌はキレイで赤ら顔ではありません。父が明らかに赤ら顔です。
男性なのであまり気にしていないし弟の少年野球のコーチとかもずっとやっているので色も黒くそんなには目立ちません。

でも祖母に子どもの時の写真を見せてもらったところ父も色白だということが分かりました。なので、私は遺伝で色白に間違いないのです。

そして、色白は皮膚が薄いので毛細血管が空けやすいということを知りました。
でも姉は赤ら顔じゃないので何が違うのか考えると私の方が敏感肌で乾燥しやすいという違いを自覚できました。

アレルギー体質で幼児の時はアトピーがひどかったとも聞いています。そんなのが原因しているのだろうと思われました。

なので、アレルギー体質を改善するというのが根本解決なのだろうと思いました。
小学校高学年くらいから花粉症の時期には耳鼻科に通院していたのでアレルギー検査を改めてしてもらいましたが、スギ花粉とハウスダストだけでした。

例年通り花粉症の抗アレルギー薬を処方してもらい2か月間は飲みました。

そうすると、計らずも顔の赤みも改善されているのが分かりましたい。
もしかしたら、毎年抗アレルギー薬を飲んでいる間は改善されていたのかもと思いました。

そして、病院で赤ら顔の改善のために抗アレルギー薬を処方してもらえないかと相談すると赤ら顔の対策ということではなく、アトピーの改善ということなら処方出来るということで薬を飲み続けることになりました。

それからは何となくは赤みは減った感じがしましたが完全に治るということはなく、メークで隠しながら冬になるとまたひどくなりマスクで隠すとか隠す方向で何とか生活してきた感じです。

就職して給料をもらうようになり、やっと本格的な赤ら顔対策にお金が使えるようになりました。
21歳の時初めてクリニックでレーザーを試しました。費用は一回2万円位なのですが、これが結構痛くてまいりました。

とにかく、赤ら顔の原因の毛細血管をレーザーで焼いて壊すということですから仕方がありません、でもこれが痛い。

また一回レーザーを当てると2週間くらい腫れるのでその見た目で生活するのもつらいものがありました。
マスクで隠しますが食事中とかどうしても隠さざるを得ない時もあるからです。営業とか対人的な仕事じゃなくてよかったなとは思いました。

5回位続けたくらいから、少しずつ赤みが減ってきていると自覚出来るようになりました。
本当に嬉しかったです。続けてきて良かったと思いました。

結構道のりは長かったです。一回レーザーを当てると腫れが引く期間も含めて一か月は開けないといけないので一年以上通ったと思います。

100ミリリットルで5000円位の高額な赤ら顔用の化粧水も使っているのでそれも影響しているとは思いますが、二年後の現在も赤みは落ち着いて思うようにメイクが楽しめ生活を送っています。

大学進学も考えましたが専門学校にして少しでも早く働きたかった理由は赤ら顔のためにお金が欲しかったからでした。
その進路選択をしてとても良かったと思っています。赤ら顔を気にしながら大学に通ったとしても楽しい学校生活が送れたとは思えないからです。

クリニックではないと言われ現在も再発はしていませんが、可能性は0ではないので常にレーザー治療用のお金は貯金しておかなければとも思っています。
赤ら顔をレーザー治療で治した体験談!頬の赤みが治った